ちばの選挙

1人超の少数激戦 定数4減で初 富津市議選告示

 任期満了に伴う富津市議選が15日告示され、定数18に対し現職16、新人3の計19人が立候補し1人超の少数激戦となった。定数は議会改革の一環で今回の選挙から4減の18。

 立候補者の党派別は公明1、共産1、無所属17。午前中に立候補を届け出た各候補は市内へ繰り出し第一声、子育て支援や地域活性化策などの政策を訴えた。

 同市議会は昨年の9月定例会で、市の財政状況や社会情勢を考慮し議員定数削減案を可決。富津市と同規模の自治体で定数が20を切るケースは珍しく、当初は激しい選挙戦も予想されたが、現職の立候補見送りが相次ぎ結果的には1人超になった。そのため地盤や後援会組織の固い現職にとっては事実上、信任投票となりそう。

富津市議選立候補者(定数18-立候補19)=届け出順=
松原和江 70 政党役員 共現(1)
平野明彦 56 自販機管理業  無現(3)
岩本 朗  55 会社員 無現(2)
高橋謙治 78 旅館業 無現(6)
高梨良勝 74 農業 無現(8)
永井庄一郎 71 農業 無現(2)
鈴木卓見 61 NPO理事長 無新
鈴木幹雄 62 会社員 無現(3)
小林新一 75 福祉施設理事 無現(4)
福原敏夫 71 珠算塾経営 無現(3)
岩崎剛久 64 団体職員 無現(2)
佐久間勇 56 元公務員 無現(1)
藤川正美 61 デザイナー 公現(2)
十川敬三 45 保険代理業 無現(1)
渡辺 務 50 会社役員 無現(1)
平野良一 66 会社役員 無現(5)
平野英男 44 元会社員 無新
石井志郎 61 会社役員 無現(2)
平野政博 44 水産加工業 無新

  • LINEで送る