ちばの選挙

前回下回る58・49% 政党乱立や年末実施響く 県内投票率

  • LINEで送る

 16日投開票された衆院選の県内投票率は小選挙区が58・49%と、2009年8月の前回を6・38ポイント下回った。原発や環太平洋連携協定(TPP)などが争点となったが、政党の乱立により政策の違いが分かりづらかった上、議論もあまり深まらず、有権者の関心はいまひとつだった。

 県民の間で政治不信が広がっていることや、年末の忙しい時期に重なったことなども影響したとみられる。50%台にまで低迷するのは2003年11月(56・82%)以来、3回ぶり。