ちばの選挙

現新の一騎打ちか 富津市長選あす告示

 任期満了に伴う富津市長選は、あす23日告示される。いずれも無所属で、3選を目指す佐久間清治氏(66)=自民・公明推薦=、新人で公認会計士の地引直輝氏(32)が立候補準備を進めており、現新の一騎打ちとなりそうだ。

 現職の佐久間氏は3月の定例市議会で3選出馬を表明。2008年の前回選挙では無投票当選を果たしており、今回も無風状態が続いたが、告示日まで50日を切った段階で新人の地引氏が出馬を表明、一転選挙となる可能性が高まった。

 佐久間氏は現職として2期8年の実績を強調。自民、公明両党の推薦を取り付け、既にある後援会をフル活用し組織戦を展開。対する地引氏は表立って政党支持は受けないものの、先月末まで秘書を務めた中後淳衆院議員(新党きづな)の支援を受け、知名度アップを図る。


  • LINEで送る