ちばの選挙

68候補が最後の訴え 松戸市議選あす投開票

 任期満了に伴う松戸市議選(定数44)は21日投票が行われ、午後9時15分から松戸運動公園体育館で即日開票される。大勢判明は22日午前0時すぎの見込み。定数を24人上回る68人が立候補した激戦はいよいよ終盤を迎え、各陣営とも最後の訴えに懸命だ。

 立候補したのは現職35人と新人27人、元職6人。4年前の前回(定数46、立候補者62人)と比べて当選はより“狭き門”となった。党派別内訳は民主11人、公明10人、共産5人、自民、社民、みんなが各2人、無所属36人。

 6月の同市長選で本郷谷健次氏が初当選し、16年ぶりに新市長が誕生してから最初の市議選。本郷谷市長の支持・不支持を鮮明に打ち出している立候補者も多い。新人の大挙出馬も特徴で、浮動票の行方が読みにくい選挙戦だ。

 投票率は前々回(40・14%)、前回(37・84%)と過去最低を更新しており、「V字回復」となるか注目される。期日前投票は15~18日までの4日間で1万4962票で、前回の同期(1万2313票)を上回っている。

 投票は21日午前7時から午後8時まで、市内103カ所の投票所で行われる。期日前投票はきょう20日まで市役所や常盤平市民センターなど市内9カ所で行われる。時間は午前8時半から午後8時まで。


  • LINEで送る