ちばの選挙

館山市長に金丸氏再選 継続訴え三つどもえ制す

 任期満了に伴う館山市長選は14日、投票が行われ、即日開票の結果、現職の金丸謙一氏(61)=無所属、自民推薦=が東京都中野区の元副区長、石神正義氏(62)=無所属=と、元市職員の五十嵐正氏(65)=無所属=の2氏を破り、再選を果たした。投票率は60・22%で、前回より0・57ポイントの微増。1990年の約73%以来、20年ぶりに60%を回復した。

 長須賀の後援会事務所に「当選」の連絡が入ると、金丸氏は「厳しい選挙だったが、今までの実績と効果を訴えて、ご理解いただいた」と勝利宣言し、集まった支持者らと喜びを分かち合った。

 1期目の金丸氏は市政の継続を訴えて再選出馬し、「元気な市民、元気な経済、元気な財政」をスローガンに、子育て支援策や観光による経済振興、悪化していた経常収支比率の改善などを訴えてきた。保守層を中心とした市議や地元県議らが応援にまわり、市内諸団体から広範な支持を取り付けた。

館山市長選開票結果 =選管確定=
金丸謙一 61 無現(2) 13570
  石神正義 62 無新 10336
  五十嵐正 65 無新 1105

 


  • LINEで送る