ちばの選挙

県議団と吉田氏面談 出席議員「いい印象」 民主党

 任期満了に伴う知事選(三月二十九日投開票)で、擁立候補を模索する民主党の県議団が三十日午後、県議会棟で議員総会を開き、いすみ鉄道社長の吉田平氏(49)と面談した。

 県議の中には、吉田氏がどういう人物か知らない議員が多かったため、面談の機会が設けられた。

 県議団と吉田氏は約一時間にわたり、意見を交換。吉田氏は本県で生まれ育ったことや自身の歩みを自己紹介。県政に対する姿勢や基本的理念などを語った。懇談では、マニフェスト(公約)など踏み込んだ政策面の話題までには至らなかった。

 出席した議員の一人は「いい印象を受けた」と人物像を評価した。

 別の議員は「初めて会ったが、すごく誠実に見えた。マニフェストは固まっておらずこれからのようだが、党が吉田氏に推薦を出せば、もちろん応援する」としたうえで、「(推薦の)見通しが付かなかったら、自主投票しかない」と危機感も募らせた。


  • LINEで送る