DeliverectがシリーズDで1億5000万ドル調達、注文処理件数は1億件に

  • LINEで送る

AsiaNet 94221 (0203)

【ニューヨーク、ロンドン2022年1月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*Deliverectはまた、オンライン注文自動化専用エコシステムを構築する「Deliverect App Store」の立ち上げを発表

40市場の2万超の店舗が受けるオンライン注文を簡素化するグローバルなスケールアップ、Deliverect(https://www.deliverect.com/en-gb/integrations )は25日、シリーズD資金調達で1億5000万ドル超を確保したと発表した。Coatue とAlkeon Capitalが幹事役を務め、既存投資家のOMERS Ventures、DST Global、Redpoint Ventures、Newion、Smartfinが参加する今回の資金調達でDeliverectがこれまで調達した資金は2億4000万ドルになった。今回のラウンドにより同社の市場評価額は14億ドル超となる。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1732977/Deliverect_Logo.jpg

Deliverectはこの最新の資金調達により、エンジニアリングとテクノロジーの進歩に投資し、製品ポートフォリオを拡大し、対象をレストランから拡大し、新たにコンビニエンスストアや食料品店を含む数十万の施設にサービスを提供する。Deliverectはこれらの顧客向けサポート向上のため、専用のApp Storeも立ち上げつつある。今回の資金調達によって推進される取り組みは、同社のフットプリント拡大および成長加速に貢献することになる。Deliverectはこれまでに1億件の注文を受け、2021年だけでも毎週150万件の注文を処理し、この件数は1年足らずで300%増えた。

DeliverectのZhong Xu共同創設者兼最高経営責任者(CEO)は「デジタル化がより普及するにつれ、特にミレニアル世代やZ世代の買い物客の間で、レストランだけでなく食料品店やコンビニエンスストアが顧客満足度を満たすためにオンライン注文を簡素化する必要があることがわかった。今回の資金提供により、App Storeおよびそれ以降を通じホスピタリティー・コミュニティーのすべての人にサービスを提供する当社の取り組みが促進される。オンライン注文自動化のリーダーとしてのDeliverectの次のフェーズを楽しみにしている。特に、今日、すぐに食べられるフードデリバリーの便利さを好む人が非常に多いからである」と語った。

Pret A MangerのSarah Venning最高デジタル・情報責任者は「過去2年間に当社はPretをより多くの人々に届けるため事業を変革した。事業変革には、オンライン・デリバリープラットフォームの大幅成長や、顧客の注文方法の再構築などがある。Deliverectの助けで、デリバリーパートナー事業の大幅成長を可能にし、店舗チームに愛され、使いやすいシステムを導入し、これまで以上に多くの顧客にデジタルでサービスを提供できるようになった」と語った。

2018年に立ち上げられたDeliverectのSaaSプラットフォームは、レストランのオンライン注文フローを単一のポイントで自動化し、Uber Eats、Grubhub、Deliveroo、Doordash、Foodora、Shopifyなどのサービスからデリバリー、テーブルアプリ、テイクアウトのリクエストを受け取り、キッチンに直接転送する。小規模の独立したレストランと、ケンタッキーフライドチキン(KFC)、Chipotle、Time Out Market、タコベル、Le Pain Quotidien、アウトバックステーキハウス(Outback Steakhouse)などの大規模なグローバルチェーンの両方が、Deliverectを使い、おいしい食事を幸せな顧客の手に届けている。

Alkeon CapitalのMark McLaughlinゼネラルパートナーは「Deliverectは、消費者を主要なレストランやブランドにつなぐ業界をリードするオムニチャネル・プラットフォームにより、オンデマンド注文経済を簡素化している。Deliverectの共同創設者、つまり次世代の商取引のすべてのベテランは、ホスピタリティー業界で最強のチームを編成し、Deliverectの野心的なロードマップと破壊的技術を新しい市場とユースケースに導いた」と語った。

CoatueのSebastian Duesterhoeftゼネラルパートナーは「レストランサイドテクノロジー向けの数十億ドル規模の市場は、進行中のパンデミックに関連する消費者習慣の変化、絶えず変化するデリバリーネットワークの状況に適応する必要性、ダークキッチンと仮想レストランのブランドなどのフードサービス・リテールにおける変化により活気づけられている。われわれはDeliverectがグローバルにレストランに力を与えるという使命を持ったカテゴリーリーダーになることを目標に、これらのトレンドを活用しつつあることを確信している。われわれはZhong氏およびチームと提携することを楽しみにしている」と語った。

▽Deliverectについて
Deliverectは、オンラインのフードデリバリー管理を簡素化するSaaS企業である。 Deliverectは、フードデリバリーチャネル(Uber Eats、Doordash、Just Eat Takeaway.comなど)からのオンライン注文をシームレスに統合し、2万の施設が運用サービスを改善して顧客満足度を向上できるようにする。Deliverectは、世界中の40以上の市場で事業展開し、タコベル、バーガーキング、ユニリーバなどのレストランやFMCG(日用消費財)のほか、世界中の中小規模のレストランやダークキッチンから信頼されている。詳細については、www.deliverect.com を参照。

ソース:Deliverect


共同通信PRワイヤー