kpNext(TM):Klockner Pentaplastが新たな再生可能PETブリスターフィルムを発売

  • LINEで送る

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202110181832-O1-s8FsNQUq

AsiaNet 92356(2473)

【蘇州(中国)2021年10月18日PR Newswire=共同通信JBN】業界有数の再生コンテンツ材料を利用するハイバリアー保護包装ソリューションの世界的大手メーカーKlockner Pentaplast (kp)は、再生可能PETブリスターフィルムの同社として市場初の革新であるkpNext(TM)を発売した。kpNextは製薬メーカー用フォーム・フィル・シール(形成・充填・密閉)設備に完全に適合する唯一のPET再生可能ブリスターである。

kpは革新的製薬ブリスター包装ソリューションの豊富な歴史があり、kpNext(TM)はその進化の次の一歩である。kpNextは再生可能ブリスター包装用の唯一のPETフィルムであるだけでなく、製造工程を犠牲にはしない。製薬企業や加工業者は既存のフォーム・フィル・シール設備でラインのスピードを落とさず、設備変更の必要もなしにkpNextを利用できる。世界にとっても、持続可能かつ実用的なソリューションとしても実に最良である。

消費者から世界的ブランド、政府まで、再生可能包装の需要はますます高まっており、kpNextはこれらの要望に応える。これは世界中で再生可能材料から生産され、RIC(樹脂識別コード)1 PETストリームの表示でリサイクルされるよう設計されている。

Daniel Stagnaro技術主任は「現在の製薬ブリスター包装は多材料構造で生産され、RIC 7に分類されているので、再生可能ではなく、埋め立て地や焼却で処分される。大手製薬企業はブリスターメーカーに環境に配慮した再生可能なソリューションを求めてきた。kpはこれにkpNextで応えた」と説明した。

kpNextは3年かかった研究と開発の成果である。kpの研究員、化学者、技術チームは米バージニア州シャーロッツビルにある応用開発研究施設kp i.centerを利用して、今あるこの技術の開発に取り組んだ。完全に再生可能なブリスターフィルムで、既存の製薬ラインにすぐ使えるプラグアンドプレイソリューションである。

kpのPHD部門社長Jorg Schneewind博士は発売に際し「kpNextは卓越した生産革新の実例である。再生可能でスムーズに転換できるよう設計され、持続可能なフィルムに適応する顧客の負担をなくしたからだ。代わりにフィルムが設備に適応した。顧客の持続可能性責務対応を支援する当社の能力において、業界とkpにとって真に画期的だ」と語った。

Klockner PentaplastのScott Tracey最高経営責任者(CEO)は「kpは55年以上、持続可能な包装設計の最前線にあり、革新的な再生可能コンテンツ商品で主導しつつ、循環経済と循環型リサイクルを擁護してきた。企業として、当社は包装を再生可能にするいかなる機会にも取り組む。当社の長年のパートナーにも共通利益となる」と述べた。

kpNext(TM)-明日はついに来た、それは明白だ。

▽Klockner Pentaplastについて
「The Sustainable Protection of Everyday Needs(日々の必要性の持続可能な保護)」というビジョンの実現を目指すkpは、硬質・柔軟包装と特殊フィルムソリューションの世界的リーダーで、特に製薬、医療機器、タンパク質市場に商品を提供する。包装と商品フィルムの広範な革新的ポートフォリオとサービスで、kpは商品の完全な状態の保全、ブランドの名声の保護、持続可能性の向上による顧客のバリューチェーンで不可欠の役割を果たしている。kpの「Investing in Better(より良いものに投資する)」持続可能性戦略は、長期的な改善に向けた10の明確な目標を達成する取り組みを強固にしている。kpは環境、社会、倫理上の実績を評価する主要プラットフォームEcoVadis(エコバディス)のゴールド格付けを取得、プラスチック商品部門のメーカーで上位3%に位置付けられた。kpは1965年創業で、18ヵ国に31工場を持ち、60を超える現場で世界中の顧客へのサービスに取り組む約5900人を雇用している。詳細は次を参照:www.kpfilms.com.

ソース: kpNext

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404109
(写真説明:新たな再生可能PETブリスターフィルムkpNext(TM))


共同通信PRワイヤー