Within3がライフサイエンス・コミュニケーションを再考し、業界初の総合プラットフォームでインサイトギャップに対処

  • LINEで送る

AsiaNet 91696 (2128)

【クリーブランド、ロンドン2021年9月15日PR Newswire=共同通信JBN】
*Within3 Select、Connect、Discoverは戦略的コースをたどることでインサイト管理プラットフォームになった

Within3のハイブリッド・エンゲージメント・プラットフォームは、ライフサイエンス・イノベーター、主要オピニオンリーダー、患者、その他の利害関係者が生み出すインサイトの量、質、価値を向上させることが実証されている。最大手の製薬会社や医療機器メーカーの部際チームが、諮問委員会、会議の打ち合わせ、パブリケーションプランニングといったエンゲージメントプログラム実施にWithin3を活用しているのはこのためである。

数多くのエンゲージメントにより明らかになったのは、ライフサイエンス組織には、データがバラバラの場所やサイロに分散し、最も適切な利害関係者から情報が得られず、戦略を導き出すための、十分な情報に基づく迅速な回答の要件が満たされていないという問題があるということだ。

その結果、インサイトギャップという問題が生じ、企業は古いデータや不完全なデータに基づいて意思決定を行い、多額の資金と何年もの作業を無駄にすることになる。

製品開発ライフサイクルの全段階でインサイトギャップを解消
Within3 Select、Connect、Discoverは、製品ライフサイクルの各段階で収集したインサイトをプラットフォーム上で組み合わせ、適切な人材を特定して参加させ、答えを提供する。計画、採用、仕事の割り振りから、分析、製品発売、それ以降に至るまで、製品開発ライフサイクルの全段階でインサイトギャップを解消する。

Within3 Selectは、適切な問題に対する適切な医師、患者、利害関係者、主要な業界リーダー、関連する専門家を適時特定する。

Within3 Connectは、製薬、医療技術、ライフサイエンス企業が最も重要な人々と会話をしやすくしてくれる。いつでも、どこでも、どんなデバイスでも、利害関係者が自由に参加できるハイブリッド・コミュニケーション・プラットフォームである。参加者のスケジュールを優先した環境を提供してくれる。

Connectを使用しているライフサイエンス・イノベーターからは、インフルエンサー(KOL)の関与、すぐ実行可能なインサイト、規制当局への書類提出、対応、指針公表の迅速化などで大きなプラスになったとの報告が繰り返し寄せられている。

Within3 Discoverは、企業や現場で収集したインサイトを一カ所に集約する。AIを活用した独自の自然言語処理により、ライフサイエンス企業は重要なコンセプト、科学的動向、センチメントを理解し、ポジティブな事業成果をもたらす回答を見出すことができる。

Within3のLance Hill最高経営責任者(CEO)は「現状では、適切なインサイトの収集は無論のこと、インサイト自体の収集にも何カ月もかかることがある。その間に多くの問題が発生して得られた情報が漏洩したり、古くなったり、陳腐化したりして、そのたびにコストが増大していく。プロセスの各段階で異なるベンダーの複数のシステムを使用しているため、組織は一貫性のない結果を突き付けられ、結局、まとまりのある戦略ではなく、非常にバラバラな実行戦術をとることになる」と語った。

グローバル企業、特にライフサイエンス企業は、直接会える保証がなく、市場投入までのスピードが成功に不可欠な動きの激しい市場で、効果的かつ効率的に業務を行うために、適切な専門家からのインサイトをこれまで以上に必要としている。

インサイト管理プラットフォームWithin3は、まさにこれを提供する。

Within3のフォローは、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/within3/ )およびTwitter(https://twitter.com/within3 )で。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1626637/Within3_Platform.jpg

ソース:Within3


共同通信PRワイヤー