NSO Groupが最近の誤った嫌疑の主張に反応

  • LINEで送る

AsiaNet 90763 (1662)

【テルアビブ(イスラエル)2021年7月21日PR Newswire=共同通信JBN】
メディアのコンソーシアムによる虚偽の申し立ての公表に関して、NSO Groupのスポークスパーソンは次のように述べた。

「このリストは、Pegasus のターゲットまたは潜在的なターゲットのリストではない」

「リスト内の番号は、NSO Groupとはまったく関係ない」

「リスト内の名前が必然的にPegasusのターゲットまたは潜在的なターゲットに関連しているという主張は誤りであり、間違っている」

▽NSO Groupについて
NSO Groupは、テロ行為を調査および防止し、犯罪と戦い、公共の安全を高めるために、政府および法執行機関にソフトウエアソリューションをライセンス供与する主要な技術開発企業である。NSOの製品は、次の目的で正常に使用されている:

*交通ハブ、公園、市場、コンサート会場、スポーツアリーナ、その他の公共エリアでの銃による暴力、自動車爆弾、自爆テロなどのテロを防止する。
*子どもの搾取、性的および麻薬密売の輪、およびマネーロンダリング操作を破壊する。
*誘拐された子供たちを見つけて救出する。
*自然災害や建設の失敗の結果として倒壊した建物の下に閉じ込められた生存者を見つけるために緊急捜索救助(SAR)チームを支援する。

Q CYBER TECHNOLOGIES LTDに代わって、登録外国代理人であるMERCURY PUBLIC AFFAIRS、LLCによって配布された。詳細については、ワシントンDCの司法省に提出されている。

ソース:NSO Group

▽問い合わせ先
media@nsogroup.com


共同通信PRワイヤー