Automation Anywhereがアジア太平洋と日本のクラウドRPAの急成長を担う販売担当役員を任命

  • LINEで送る

AsiaNet 90236 (1422)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2021年6月22日PR Newswire=共同通信JBN】
*Dell EMCの元最高執行責任者(COO)がAPJ地域の顧客のデジタル変革の取り組みを主導

クラウドロボティック・プロセスオートメーション(RPA)のグローバルリーダーであるAutomation Anywhere(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=2052637025&u=https%3A%2F%2Fwww.automationanywhere.com%2F&a=Automation+Anywhere )は22日、APJ地域の販売担当執行副社長にDmitri Chen氏(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=1964979726&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fin%2Fdmitrichen%2F&a=Dmitri+Chen )を任命したと発表した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/541440/Automation_Anywhere_Logo.jpg

Chen氏は、APJ地域のCOOを務めたDell EMCを含め、公的企業と民間企業の両方でソフトウエア、ハードウエア、サービスにわたる20年以上の技術的リーダーシップの経験をAutomation Anywhereにもたらす。直近では、クラウドベースの観測可能性プラットフォームであるNew RelicでAPJ地域担当執行副社長兼ゼネラルマネジャーを務めた。

この新しい役職でChen氏は、より多くの組織がクラウド自動化配信モデルに移行する中、同地域における同社のクラウドRPAの成長を加速し、顧客がプロセス自動化のジャーニーを迅速に開始および拡張できるようにする。

Automation Anywhereは、世界で唯一のクラウドネイティブでAI駆動のAutomation 360(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=3257025771&u=https%3A%2F%2Fwww.automationanywhere.com%2Fproducts%2Fautomation-360&a=Automation+360 )エンタープライズ自動化プラットフォームにより、他のすべてのRPAベンダーとは一線を画しており、AARI(https://www.automationanywhere.com/products/aari )は、日常の業務を簡素化するボットツーヒューマンのインターフェースと、 Google Cloud(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=935392129&u=https%3A%2F%2Fwww.automationanywhere.com%2Fcompany%2Fpress-room%2Fautomation-anywhere-and-google-cloud-partner-to-enable-enterprises-to-automate-common-business-processes&a=Google+Cloud )との戦略提携を通じて、企業に消費者体験をもたらす。

Automation AnywhereのChris Riley最高収益責任者は「経験豊富なデジタル変革業界のベテランが加わることで、当社によってAPJ地域のより多くの顧客は、クラウドRPAとインテリジェントな自動化を採用できるようになる。この地域で当社が次なる成長段階に向かう中、当社の市場における勢いを強化するためにChen氏を迎えることをうれしく思う」と述べた。

Automation AnywhereのAPJ地域販売担当執行副社長となったDmitri Chen氏は「Automation AnywhereのクラウドネイティブRPAプラットフォームを使用して、企業がフロントオフィスとバックオフィスのサイロやシステムから脱却するのを支援する機会にわくわくしている。われわれには、世界の働き方を変え、反復的な仕事から従業員を解放し、顧客体験、創造性、イノベーションに集中できる時間を増やし、最終的には従業員の体験と生活をより良くするユニークな機会がある」と述べた。

Chen氏は、New Relic入社前にDell EMCで20年勤務したベテランであり、直近まではAPJ地域のCOOおよび専門販売担当副社長を務めた。この役職では、重要なデジタル変革の取り組みを通じてAPJ地域の顧客をリードし、同社の技術ポートフォリオの採用を通じて成長を推進する役割を担った。

Automation Anywhereについてはこちらから
ウェブサイト:automationanywhere.com (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=307904342&u=https%3A%2F%2Ft.co%2Fx6LUEne6nY%3Famp%3D1&a=automationanywhere.com
Twitterでフォローを:@AutomationAnywh(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3203882-1&h=3421873768&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2FAutomationAnywh&a=%40AutomationAnywh
Instagram(https://www.instagram.com/automation_anywhere/ )で当社をチェックし、LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/automation-anywhere )で当社とつながろう。

▽Automation Anywhereについて
Automation Anywhereは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)のグローバルリーダーであり、反復的で手動のタスクを実行する人工知能(AI)駆動のデジタルワーカーであるインテリジェントなソフトウエアボットを使用して、顧客がエンドツーエンドのビジネスプロセスを自動化できるようにし、劇的な生産性の向上、顧客体験の最適化、エンゲージされた従業員を増やす。同社は、RPA、人工知能、機械学習、分析を組み合わせた世界で唯一のクラウドネイティブでウェブベースの自動化プラットフォームを提供し、レガシーモノリシックプラットフォームよりも大幅に低いTCO、高いセキュリティー、高速なスケーラビリティーを実現する。同社のBot Storeは、1200以上の事前構築されたインテリジェントな自動化ソリューションを備えた世界初で最大のマーケットプレースだ。Automation Anywhereは、300万近いボットを展開し、90カ国以上にわたりあらゆる業界で、いくつかの世界最大企業をサポートしている。詳細については、www.automationanywhere.com を参照。

Automation AnywhereおよびAARIは、米国およびその他の国におけるAutomation Anywhere, Inc.の商標/サービスマークまたは登録商標/登録サービスマークである。

ソース:Automation Anywhere

▽問い合わせ先
Alison Borris
Automation Anywhere
alison.borris@automationanywhere.com
+1 650-575-7423


共同通信PRワイヤー