Hopium が水素自動車のセダンのプロトタイプを発表し、初の先行予約1000件を開始

  • LINEで送る

AsiaNet 90157

パリ、2021年6月17日 /PRNewswire/ -- Hopium (FR0014000U63 / 記号: MLHPI)、フランスのセダンタイプ水素自動車メーカーが、   パリで開催されたViva Technology週間で初の実動プロトタイプを発表しました。

Multimedia News Releaseは、こちらをクリック。https://www.multivu.com/players/uk/8913851-hopium-unveils-hydrogen-powered-sedan-prototype-opens-pre-orders/

2020年10月に発表され、リナ=モンレリのテストワークショップで記録的なタイムで生産されたこのAlpha 0は、燃料電池システムの信頼性を保証するものです。設計・建造段階の後、さまざまな部品を実装したプロトタイプは、ベンチテストおよび軌道試験を通じて評価され完成しました。時速200km (124mph)の速度で、この試験バージョンは既に最終段階での Hopium Machinaで裏付けされた性能に近づいていました。

またAlpha 0は、特徴的な照明、  水素の成層を思わせるHopiumのエンブレム、水面の波の動きを初めて導入しました。 

この技術公開は、メーカーのロードマップの中で重要なステップであり、設定された目標を達成し、高い課題に対応する能力を確定させるものです。それに伴い、 Hopium Machinaの初回1000台の注文も開始されました。予約価格は、水素のスペクトル線を参照して410ユーロとなっています。 

 Hopium チームは、既に次のステップの実施に完全に専念し、産業規模での Hopium Machinaの生産を目標としており、2022年第一四半期には新たな発表が期待されています。 

 Hopium について

ル・マン24時間レースの最年少優勝者であるOlivier Lombardが設立したHopiumは、レースサーキットでの経験による業績となる、高級水素自動車のメーカーです。 

生まれながらにして自動車文化を持つOlivier Lombardは、7年間水素自動車のレーシングカーを運転してきた、この分野で世界で最も経験豊かなレーサーです。 
野外研究所であるこのレースによって、Olivier Lombardとチームは、今日の環境面での課題に対応できる新たなモビリティソリューションについて検討することができました。交通業界が温室効果ガスの20%の原因とされる一方で、同社は気候変動におけるプレイヤーとしての地位を固めつつあります。 

Hopium は、水素燃料電池、テクノロジー、自動車工学の分野でのイノベーションの最前線に、専門家チームや一流パートナーを1つに団結させています。 

Hopium (FR0014000U63 - MLHPI) は、Euronext Access+ 上場企業であり、PEA-PMEの適性を有します。 
www.hopium.com  

お問い合わせ: contact@hopium.com

Video - https://mma.prnewswire.com/media/1535650/Hopium_Machina_Alpha_0.mp4
写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1533948/Hopium_Machina_Front_View.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1432668/Hopium_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)


共同通信PRワイヤー