第4回シベ泥地ドラゴンボートフェスティバルが北瀋陽新区で華々しく開幕

  • LINEで送る

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202106166352-O1-e4ldl799

AsiaNet 90095(1354)

【瀋陽(中国)2021年6月15日新華社=共同通信JBN】北瀋陽新区宣伝部によると、「シベ族の風習とコメ文化の共存」と「土とドラゴンボートの交差点」がテーマの「Dragon Boat in Muddy Land and Dumplings in North Shenyang New District(北瀋陽新区の泥地ドラゴンボートとギョウザ)」フェスティバルが6月13日に開催された。ドラゴンボートフェスティバルの文化観光イベントはDaomeng Space Spotで開幕した。

このイベントの開会式メインステージは水田に設営された。水田列車の乗車、夢の塔でのフィールドペインティング鑑賞、文化的・独創的マーケットの訪問、キックポケットやガラハなどの楽しい競争での交流、コメ食品エリアでの味見、シベ族の文化的歌唱と舞踊のパフォーマンス、オリジナルの大規模ライブパフォーマンス、素晴らしいストーリー展開とユニークで革新的な演出体験 --- こうしたことを通し、市民と観光客はシベ族の無形文化遺産とドラゴンボートフェスティバルの風習を経験することができる。

「シベ族の故郷」として、近年、文化的IPブランドを継続的に生みだし、その発掘を促進し、シベ文化を伝える100以上の無形文化遺産を分類・保護している。今年の泥地ドラゴンボートフェスティバルは独特の魅力がある泥地ドラゴンボートをはじめ、ウオータースプラッシュ、吊り下げ布のサル、吊り下げポーチまでにおよび、さらには塗りつけられた祈り、泥大砲の発射、ライディングとシューティング、その他のシベの伝統から、団子、ライスアイスクリームなどシベの特別おいしい菓子に至るまで、そのカーニバルの根底には文化遺産がある。

近年、北瀋陽新区はXibe Mud Festival、Strange Slope Sophora Flower Festival、Ice and Snow Festivalといった独自の文化+資源+産業を特徴とする多数の新たな産業プロジェクトを連続して作り出した。「春には花を鑑賞し、夏は水で遊び、秋はペインティングを見て冬は雪で遊ぶ」という四季の観光資源と豊かな民俗文化を活用しながら、北瀋陽新区は遼河観光経済ベルトと蒲河生態経済ベルトを中核としたレジャー観光産業を構築した。瀋陽怪坂国際スキーリゾートに代表される氷と雪の文化観光産業、都市フラワーシー、七星山、蒲河生態回廊、遼河湿地に代表される生態観光産業、そしてファンタワイルドパラダイスと七星ワールドは都市を代表し、「快活な新区である、エコロジカルな瀋北新区」の支援で中核的な役割を果たす。

ソース:The Publicity Department of North Shenyang New District

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=393825
(写真説明:第4回シベ泥地ドラゴンボートフェスティバルが北瀋陽新区で華々しく開幕)

 


共同通信PRワイヤー