リフィニティブ、旭化成のコンプライアンス対策強化を支援

  • LINEで送る

World-Check One導入でスクリーニング業務の負担と工程を軽減へ

2021年4月26日
リフィニティブ・ジャパン株式会社

リフィニティブ、旭化成のコンプライアンス対策強化を支援
World-Check One導入でスクリーニング業務の負担と工程を軽減へ
世界有数の金融データ・プロバイダーであるリフィニティブの日本法人リフィニティブ・ジャパン株式会社(東京都港区、代表取締役社長:富田秀夫、以下:リフィニティブ)は本日、旭化成株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小堀秀毅、以下:旭化成)のコンプライアンス遵守への取り組みを強化するスクリーニング・ソリューション「Refinitiv World-Check One(リフィニティブ ワールドチェック・ワン)を提供すると発表しました。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって社会全体が様変わりした中、政府主体で社会全体のデジタル化が推し進められており、官民含めたデジタル化を通じた抜本改革が喫緊の課題となっています。さらに、企業が滞りなくビジネスを行っていくためには、法令順守だけでなく社会的責任を認識した上で、デジタル化を進めながら適切な対策を講じることが不可欠です。(注1)

複雑化するサプライチェーンやサードパーティとの間に潜むリスクが 上昇しており、信頼のおける取引先を見極めるためにはスクリーニング業務は欠かせず、これをいかに迅速かつ効率的に実施できるかが重要です。リフィニティブは、こうしたニーズに応え、同時に、トータルコストの削減、デジタル戦略の迅速な市場導入、カスタマーエクスペリエンス向上の実現に不可欠なインサイトならびにソリューションを提供しています。

旭化成で経営企画部通商・海外企画室長を務める結城成貴氏は次のように述べました。「世界を網羅するリフィニティブのWorld-Check OneはOFAC規制など制裁関連データの質が高い上、バッチ検索時のリスト作成の必須項目が少なく、ユーザーフレンドリーな点を高く評価しました。また、世界中の多くの金融機関や事業法人が同サービスを採用していることから、グローバル展開している旭化成においても効率的に利用が可能なサービスであると確信するに至りました。」

リフィニティブ・ジャパンの平塚マルセロ・執行役員は次のように語りました。「World-Check Oneは金融機関や企業に対して、法律順守やリスク管理のためにデューデリジェンスやその他のスクリーニング業務を必要とするこれら機関や企業に対して情報を提供してきました。旭化成が弊社のお客様に加わったことは光栄です。今後ともWorld-Check One導入の支援を続けてまいります」

World-Check Oneについて
World-Check Oneは、金融犯罪、贈収賄、汚職対策に努めるお客様のデューデリジェンス要件に対応するために生まれた不可欠なスクリーニング・ソリューションです。当社の次世代自動スクリーニング・ソフトウェアの World-Check リスク・インテリジェンス・データと組み合わせることで、顧客の本人確認 (KYC) の検証およびサードパーティ・スクリーニングにおいて的を絞ったアプローチを採用できます。強力なカスタマイズおよび制御、およびシングル・ユーザーにも大規模チームにも対応できるさまざまな時間短縮機能により、スクリーニング・プロセスを効率化できます。当社の統一された World-Check One プラットフォームがよりシンプルでインテリジェントな修正を支援します。

旭化成について
旭化成は人類の幸福への願いを胸に、「人びとがよりよい生活を実現できるよう、最も良い生活資材を、豊富に低価格で提供すること」を目指して創業されました。それから約一世紀、時代環境によって社会が求めるものは変わりましたが英知でこれに応えてきました。社会の変化を先取りして挑戦すること、そして自らも変化していくこと、それが創業以来変わることのない旭化成のあり方です。

リフィニティブについて
Refinitiv(リフィニティブ)はロンドン証券取引所グループ(LSEG)のグループ企業として、金融市場のデータとインフラストラクチャを提供する世界有数のプロバイダーです。Refinitivは、190カ国で4万余りの企業・機関、40万を超える利用者を擁し、世界全体で金融にかかわる市場参加者を支えています。お客様が自信を持って重要な投資や取引、リスク判断を実行できるように、情報とインサイト、テクノロジーを提供しています。独自のオープン・プラットフォームとクラス最高のデータおよび専門知識を組み合わせることで、選択と機会に結び付け、お客様とパートナーの皆様のパフォーマンス、革新、成長を促進してまいります。詳しくはウェブサイトをご参照ください。https://www.refinitiv.com/ja

以上

注1 「コンプライアンスInSight 2020年 秋冬号」リフィニティブ・ジャパン株式会社 2020年


共同通信PRワイヤー