創立4周年を迎えたPremia Partnersは、Chanyoung Kim氏の販売管理部長就任を歓迎

  • LINEで送る

AsiaNet 85520 (1555)

 
【香港2020年9月14日PR Newswire=共同通信JBN】2016年創業の香港の有力上場投資信託(ETF)発行会社Premia Partnersはこのほど、4周年を迎えた。同社は、Chanyoung Kim氏を販売管理部長に任命し、即時就任したことも発表した。同氏は、Premia Partnersのマネジングパートナー、Rebecca Chua氏直属となる。

Kim氏は金融業界で17年を超える経験があり、アクティブ、パッシブ、システミック投資戦略で顧客エンゲージメントと投資家教育の経験が豊富である。Premia Partnersの前は、韓国のETF市場で圧倒的シェアを誇るサムスン・アセット・マネジメントの本社でETFの販売責任者だった。

Rebecca Chua氏は、以下のように語った。
「Kim氏ほど高い能力があり、なおかつETFに対する大いなる情熱と責任を共に担ってくれる人材がPremiaに加わってくれたことを喜んでいる。次なるマイルストーンを目指そうとしている当社にとって、Kim氏のユニークな業界経験は貴重だ」
「2020年は世界にとって非常に特殊な年で、われわれは、厳しい環境にもかかわらず4月から8月末の時点で運用資産(AUM)が60%超という有意義な成長を記録できたことに非常に感謝している。われわれは新たな目標を掲げ、決意を新たに、謙虚さと高揚感を併せ持ちつつ5年目の旅を始める。その旅は、Premiaのチームだけでなく、顧客、ビジネスパートナー、そしてこれまで当社を信じ続けてくれた友人たちとの友情の旅でもある」

Premia Partnersは2020年9月14日現在、香港で4番目に大きな中国A株ETFに成長し、香港証券取引所(HKEx)の2019年最優秀ETF-トータルリターン賞を受賞したPremia CSI Caixin China New Economy ETFをはじめとする6つのETFを運用している。Premiaのその他のETFには、中国、新興ASEAN、アジアの革新的技術、ベトナム、米国債を対象とする戦略が含まれている。PremiaのETFは全て香港証券取引所に上場されており、香港ドル建て、米ドル建てのいずれも利用可能である。

▽Premia Partnersについて
Premia Partnersは、投資家に費用効率の高い投資ツールを提供できると信じ、アジアのETF業界には大きな成長とイノベーションの余地があると考えるETFマニアのグループによって、2016年に香港で設立された。アジアで、アジアのために。なぜなら、アジアはわれわれの故郷なのだから。詳細についてはwww.premia-partners.com を参照。

ソース:Premia Partners


共同通信PRワイヤー