AIの現実と神話:SASによる2024年の12の予測

  • LINEで送る

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312013696-O2-la65nLWG

AIはすべての仕事を奪うことも、文明を終わらせることもありません。むしろ、企業がより適切な意思決定を行うのに役立ちます。

【ケーリー(米ノースカロライナ州)2023 年 12 月 1 日PR Newswire=共同通信JBN】Artificial intelligence(人工知能、AI)は至る所に存在します。そして、その将来性と脅威についての話がまん延しています。来年、AIの可能性は現実のものとなるでしょうか?AIとアナリティクスのリーダーであるSASは、社内の経営陣と専門家に対し、2024年のAIにおけるトレンドと主要なビジネスおよびテクノロジーの発展を予測するよう依頼しました。以下は彼らが共有した予測の一部です。

 
トレンドと予測の詳細については、SASの2024年AI予測ページをご覧ください。

生成AIは、包括的なAI戦略を強化します(置き換わるのではなく): 「生成AIテクノロジーは多くのことを実行しますが、すべてを実行できるわけではありません。2024年には、組織は生成AIを単独のテクノロジーとして捉えるのではなく、業界固有のAI戦略を補完するものとして統合する方向に転換するでしょう。銀行業界では、ストレステストとシナリオ分析用のシミュレーションデータは、リスクを予測し、損失を防ぐのに役立ちます。医療分野においては、個別化された治療計画の生成が可能になります。製造業では、生成AIが生産をシミュレーションして、品質、信頼性、メンテナンス、エネルギー効率、生産性の向上を特定できます」
–SAS最高技術責任者 ブライアン・ハリス
(注:今年SASは、AIを活用した産業ソリューションに10億ドルを投資することを発表しました。

AIは雇用を生み出します: 「2023年には、AIによって失われる可能性のある仕事について多くの不安がありました。2024年の議論は、その代わりに、AIによって生み出される仕事に焦点が当てられることになるでしょう。わかりやすい例は、モデルの可能性を現実世界への応用に結び付けるプロンプトエンジニアリングです。AIは、あらゆるスキルレベルと役割の従業員がより効果的かつ効率的になれるよう支援します。2024年以降の新しいAIテクノロジーは、雇用市場に短期的な混乱を引き起こす可能性がありますが、多くの新しい仕事や新しい役割の発生を刺激し、経済成長を促進するでしょう」
– SASアドバンスト・アナリティクス担当バイスプレジデント ウド・スグラヴォ 

AIは責任あるマーケティングを強化します: 「マーケティング担当者として、私たちは責任あるマーケティングを意識的に実践しなければなりません。そのためには、AIの誤りやすさを認識し、忍び寄るバイアスの可能性に警戒する必要があります。AIはマーケティングと広告プログラムの強化が期待できる一方で、偏ったデータやモデルが、偏った結果をもたらすことを私たちは知っています。SASのマーケティングでは、AI向けの成分リストのようなモデルカードを導入しています。AIを作成するか適用するかにかかわらず、その影響については自らが責任を負います。だからこそ、技術的なノウハウの有無に関わらず、すべてのマーケティング担当者がモデルカードをレビューし、アルゴリズムが効果的かつ公平であることを検証し、必要に応じて調整できるのです」
–SAS最高マーケティング責任者 ジェニファー・チェイス

詐欺の暗黒時代の中、金融会社はAIを導入します: 「消費者が 詐欺に対する警戒強化を示しているにもかかわらず、生成AIとディープフェイク技術は、詐欺師が数兆ドル規模の犯罪技術を磨くのを助けています。フィッシングメッセージの精度は向上しています。偽のウェブサイトは驚くほど正規のものに見えます。詐欺師は、シンプルなオンラインツールを利用して、数秒間の音声から人の声を複製できます。私たちは詐欺の暗黒時代に突入しつつあり、銀行や信用組合はAI導入で失われた時間を取り戻そうと躍起になるでしょう。これは、間違いなく、急増するAPP(承認済みプッシュペイメント)詐欺やその他の詐欺に対して、金融会社がより大きな責任を負うことを強制する規制上の変化が動機となっています」
–SASリスク、詐欺、コンプライアンスソリューション担当シニアバイスプレジデント スチュ・ブラッドリー

シャドーAIはCIOの技量を試します: 「最高情報責任者(CIO)はこれまで『シャドーIT』に苦労してきましたが、今後は『シャドーAI』、つまり、IT部門による正式認可や監視を受けずに社内で使用または開発されるソリューションに直面することになります。善意ある従業員は、生産性を向上させるために、生成AIツールを使い続けるでしょう。そしてCIOは、これらの生成AIツールをどの程度採用すべきか、また関連するリスクから組織を守るためにどのようなガードレールを設置すべきかについて、日々取り組むことになるでしょう」
–SAS最高情報責任者(CIO) ジェイ・アップチャーチ

マルチモーダルAIとAIシミュレーションは新たなフロンティアに到達します: 「テキスト、画像、音声を1つのモデルに統合することは、生成AIの次のフロンティアです。それはマルチモーダルAIとして知られ、多様な入力を同時に処理でき、よりコンテキストを認識したアプリケーションで効果的な意思決定を可能にします。この例としては、3Dオブジェクト、環境、空間データの生成が挙げられます。これは、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、デジタルツインなどの複雑な物理システムのシミュレーションへの応用が可能になります」
–SAS AI/生成AI戦略アドバイザー マリネラ・プロフィ

デジタルツインの導入が加速します: 「AIやIoT(インターネット・オブ・シングス)アナリティクスなどのテクノロジーは、製造、エネルギー、政府など経済の重要分野を推進しています。工場の現場やエグゼクティブスイートの従業員は、これらのテクノロジーを使用し、大量のデータをより適切で迅速な意思決定に変換します。2024年には、リアルタイムのセンサー・データやオペレーション・データを分析し、工場、スマートシティー、エネルギーグリッドなどの複雑なシステムの複製を作成するデジタルツインテクノロジーの広範な利用を通じて、AIおよびIoT分析の導入が加速するでしょう。デジタルツインを使用することで、組織は業務の最適化、製品品質の向上、安全性の強化、信頼性の向上、排出量削減を実現できます」
–SAS IoT担当バイスプレジデント ジェイソン・マン

保険会社はAIを活用し、気候リスクに立ち向かいます: 「何十年にもわたって予期されてきた気候変動は、理論的な脅威から真の脅威に変わりました。自然災害による世界の保険損失は2022年に1300億ドルを超え、世界中の保険会社が苦境に立たされています。例えば、米国の保険会社は、保険料の引き上げやカリフォルニア州、フロリダ州などの大きな被害を受けた州からの撤退で厳しい監視を受けており、数千万人の消費者が窮地に置き去りにされています。この危機を乗り切るために、保険会社はAIの導入を進めて膨大なデータストアの可能性を活用し、流動性の強化と競争力の向上を図るでしょう。AIは、ダイナミックな保険料設定とリスク評価で実現する利益にとどまらず、保険金請求処理、不正検出、顧客サービスなどの自動化と強化に役立ちます」
–SASリスク・リサーチおよび定量的ソリューション担当シニアバイスプレジデント トロイ・ヘインズ

政府においてAIの重要性が高まります:
「AIの労働力への影響は政府でも感じられ始めるでしょう。専門家の給与が非常に高いため、政府はAI人材を引きつけ、維持するのに苦戦していますが、規制措置をサポートする専門知識のある人材を積極的に採用するでしょう。そして企業と同様に、政府も生産性を向上させ、単純作業を自動化し、人材不足を緩和するためにAIとアナリティクスにますます頼るようになるでしょう」
–SASデータ倫理実践担当バイスプレジデント レジー・タウンゼント

生成AIは患者ケアを強化します:
「健康を増進し、患者と会員の体験を向上させるため、組織は、臨床試験で使用する患者固有のアバターの作成や個別の治療計画の作成など、個別化医療のための生成AI活用ツールを2024年にさらに開発するでしょう。加えて、臨床意思決定をサポートする生成AIベースのシステムが登場し、支払者、医療提供者、製薬会社にリアルタイムのガイダンスを提供することになるでしょう」
–SASグローバルメディカルディレクター スティーブ・カーニー

慎重なAI導入が保険会社の成否を分けます: 「2024年には、生成AIの導入を急ぎすぎた結果、世界的な保険会社トップ100社の1つが倒産するでしょう。現在、保険会社は自社のビジネスモデルに合わせることなく、猛スピードで自律型システムを導入しています。彼らは、AIを使用して請求を迅速に処理することで、過去数年間の業績不振を相殺できると期待しています。しかし、2023年の一時解雇後は、残りの人員が分散され過ぎて、AIを倫理的かつ大規模に導入するために必要な監督を行うことができなくなるでしょう。AIが万能薬であるという神話は、何万もの誤った経営判断を引き起こし、企業崩壊につながり、消費者と規制当局からの信頼に取り返しのつかないダメージを与える可能性があります」
–SASグローバル保険戦略アドバイザー フランクリン・マンチェスター

公衆衛生は学術界からAIの支援を受けます: 「公衆衛生は、前例のない速度で技術の近代化を達成しています。過剰摂取であれ、インフルエンザの監視であれ、公衆衛生の介入を予測するためにデータを使用することは不可欠です。予測とモデリングは急速に公衆衛生活動の基礎となりつつありますが、政府は支援を必要としています。ここで学術界の出番です。政府に代わって、AIを活用したモデリングや予測を実行する学術研究者が増加するでしょう。COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の後、私たちの国民を保護するには卓越した技術と協力が必要になることは明らかです」
–SAS米国公衆衛生アドバイザー、疫学者、博士 メーガン・シェーファー

もっと知りたいですか?
この春、SASのエグゼクティブと予測について話し、AIおよびアナリティクスの最新情報について探ることができます。2024年4月16日から19日までラスベガスで開催されるSAS Innovateに、ビジネスリーダーやアナリティクス専門家と一緒に参加しませんか?。今すぐサインアップして、カンファレンスに関する最新情報と早期割引価格を入手してください。

▽SASについて SASは、各産業用のソリューションを含むAIおよびアナリティクスソフトウエアのグローバルリーダーです。SASは、必要なタイミングで必要な知識を提供することにより、組織がデータを信頼できる判断へとより速く転換するお手伝いをしています。SASはTHE POWER TO KNOW(R)(知る力)をお届けします。

SASおよびその他全てのSAS Institute Inc.の製品名またはサービス名は、米国およびその他の国におけるSAS Institute Inc.の登録商標または商標です。「(R)」は米国での登録を示します。その他のブランド名および製品名は、各所有者の商標です。Copyright(C)2023 SAS Institute Inc. All rights reserved.

▽編集問い合わせ先:
Mike Nemecek
SAS
mike.nemecek@sas.com
919-531-5140
sas.com/news

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312013696-O1-JVb8r6X4

 

 

Video - https://mma.prnasia.com/media2/2288686/SAS_AI_predictions_2024_video.mp4

Photo - https://mma.prnasia.com/media2/2288685/SAS_AI_predictions_2024.jpg?p=medium600

Logo - https://mma.prnasia.com/media2/1250367/4429871/SAS_v1_Logo.jpg?p=medium600 

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312013696-O3-A0iQB40L

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com


共同通信PRワイヤー