テレビ局特化型メタバース、「Interop Tokyo2022」に出展

  • LINEで送る

YEデジタル
YEデジタルは、「Interop Tokyo2022」でテレビ収録スタジオをメタバース化した「テレビ局特化型メタバース」を出展いたします。
https://www.ye-digital.com/

株式会社YE DIGITAL(本社:北九州市小倉北区 代表取締役社長:玉井 裕治、以下 YEデジタル)は、メタバースを活用したお客様の価値創出の取り組みを行っており、その一環としてテレビ収録スタジオをメタバース化した「テレビ局特化型メタバース」をこの度、2022年6月15日(水)~17日(金)の3日間、「幕張メッセ」で開催される「Interop Tokyo2022」に出展いたします。

 

展示概要

≪見どころ≫

収録スタジオをメタバース化!スタジオ見学や観覧へ参加しテレビ局を体験できる、テレビ局特化型メタバース
・VRゴーグルで収録スタジオにいるような没入感や、スマートフォンによるテレビコンテンツの新体験
・疑似的なチャット機能で参加者同士のコミュニケーション

名称   :Interop Tokyo2022
開催日時 : 2022年6月15日(水)~17日(金) 10:00~18:00 ※最終日のみ17時まで
会  場 : 幕張メッセ 国際展示場ホール5
ブース番号: 5S09
運営   :一般財団法人インターネット協会 / 株式会社ナノオプト・メディア

レビ局特化型メタバースの特徴

次世代SNSと呼ばれているメタバース。メタバース化したテレビスタジオにアクセスすることで、視聴者はグループ機能を利用し、会話やチャットでコミュニケーションが取れることやファンミーティング、限定ライブといったオリジナルコンテンツを楽しめます。

さらに視聴者の視界に出演者の衣装や飲み物などの情報を表示し、スポンサーサイトにリンクすることで、視聴者が知りたい情報にすぐにアクセスできる環境を提供します。

※ 記載されている会社名、商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
※ 掲載されている情報は、発表日現在の情報です。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

(会社概要)
   株式会社YE DIGITAL (YE DIGITAL Corporation)
   
1978年2月1日
  代表取締役社長 玉井裕治
福岡県北九州市小倉北区米町二丁目1番21号

・ビジネスソリューション
‐ ERPグローバル展開支援
‐ 顧客業務システム導入
‐ 健康保険システムの構築
‐ システムコンサルティング
・ IoTソリューション
‐ ソーシャルIoT
‐ AI・ビッグデータ分析
・ サービスビジネス
‐ 運用支援
‐ アフターコンサル

・1978 安川情報システム(株)創立
・2003 東証2部上場
・2019 社名を(株)YE DIGITALに変更
・2020 本社を北九州市小倉北区に移転

https://www.ye-digital.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供