日常生活の中で海洋ごみ問題を解決するビジネスの創出を目指しCHANGE FOR THE BLUEビジネスコンテストを開催。出場者を募集中。

  • LINEで送る

海と日本プロジェクト広報事務局
CHANGE FOR THE BLUE千葉県実行委員会は、2021年12月26日(日)にビジネスコンテストを開催致します。現地参加及びオンラインからなるハイブリッド形式で開催します。ビジネスコンテストの応募締切は2021年12月19日(日)、対象は高校生、大学生、一般(企業内ベンチャー、ベンチャー、NPO、サークル等)です。日常から海洋プラスチック問題を解決する「アイディア」を募集しております。入賞者は、50を超える協力企業とおよそ30人の実業家による支援を受けることができます。当イベントは、日本財団が推進する海洋ごみ対策プロジェクト「海と日本プロジェクト・CHANGE FOR THE BLUE」の一環で開催するものです。

 
同実行委員会は、海洋ごみ問題を解決するビジネスとコミュニティを創出するプラットフォームのMETRO OCEANS 3を立ち上げ、賛同する70近い企業とともに海洋ごみ問題を解決するビジネスカルチャーやビジネスそのものの創出を目指しています。今回ビジネスコンテストを通して、アイディア・技術を持つ起業家や若者、NPO等に同コミュニティーへ参画する入り口とし、新進気鋭の30人近いメンターと50を超える協力企業、そしてベンチャーキャピタル等とともに、日常から海洋プラスチック問題を解決する「持続可能なビジネス」を生み出し、日常生活の中で海にごみを出さないカルチャーづくりや海の環境を改善するビジネスの創出に取り組みます。
ビジネスコンテストでは豪華なメンター陣が参画致します。著名且つ実績のある企業や起業家、スタートアップ支援者として、長谷川純一氏(元アマゾンジャパン合同会社社長、現日本オラクル執行役員)、岡田大士郎氏(元米国SquareEnix, Inc社長、現株式会社HLD Lab 代表取締役社長)、吉岡忠彦氏(積水化学工業株式会社, 高機能プラスチックスカンパニー開発研究所開発企画部長兼開発管理部長)、太田恵理子氏(キリンホールディングス株式会社, ブランド戦略部)の約30名のメンターが参画予定です。ビジネスのアイディアをよりサステナブルによりインパクトのあるものにする為、新進気鋭のスペシャリストが支援致します。同実行委員会は、「CHANGE FOR THE BLUE ビジネスコンテスト 2021」で海洋ごみ問題を解決するビジネスの実現を目指します。現在、協力企業、団体として(合同会社フィールソーフリー、株式会社ケーヨー、ZOZOPARK HONDA FOOTBALL AREA、KDDI株式会社、中部電力株式会社、中小企業基盤整備機構)など50社以上にご参画いただいています。

【エントリー募集中】
ビジネスコンテストのエントリーを募集しております。入賞者の皆さんは、協力企業やメンターが事業展開を支援します。皆様のご応募を心よりお待ちしております。
受付締切:2021年12月19日(日)
応募方法:ご応募は下記URLよりお願い致します。
https://www.metro-oceans.com/businesscontest

●イベント概要
 

団体・企業概要
団体名称:CHANGE FOR THE BLUE千葉県実行委員会
本社所在地:千葉県千葉市中央区都町1-1-25
電話番号:043-311-3100
設立:2021年4月
URL:https://www.metro-oceans.com/
活動内容:海洋プラスチックごみ問題の啓発活動、清掃活動の実施、海洋プラスチックごみ問題を解決するビジネスの創出など
 
CHANGE FOR THE BLUE
国民一人ひとりが海洋ごみの問題を自分ごと化し、”これ以上、海にごみを出さない”という社会全体の意識を向上させていくことを目標に、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として2018年11月から推進しているプロジェクトです。
産官学民からなるステークホルダーと連携して海洋ごみの削減モデルを作り、国内外に発信していきます。
https://uminohi.jp/umigomi/
 
日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
https://uminohi.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供