千葉市の新鮮な農産物を千葉市民の方々に食べてもらう地産地消を推進する「千葉市つくたべ」が5年目に突入!“やさいバス株式会社”とも連携し、千葉市の地産地消が今アツい!

  • LINEで送る

株式会社さとゆめ
千葉市では、2016年より千葉市の野菜や生鮮食品の地産地消を推進する「つくたべプロジェクト」を実施しています。市内生産者や市内産農産物を扱う飲食店や小売店を応援する登録制度を設けているほか、千葉駅での限定マルシェの開催等を通じて千葉市民の方々に向けて認知向上を図っています。2020年からは、地方創生に特化した事業プロデュース会社である株式会社さとゆめ(以下、「さとゆめ」)と協働して、千葉市民の方々への情報発信強化を図り、同時に、やさいバス株式会社とも協力して、消費者のもとへ市内農産品が届く新しい共同配送の仕組みの導入を進めています。

 
千葉駅構内で開催されたつくたべマルシェの様子
【“つくたべ”の始まり】
千葉市では温暖な気候のもとで美味しい野菜や果物が生産されていて、新鮮な食材を都市部に届けることを強みとした都市近郊型農業が盛んな地域です。そんな千葉市の農産品を“最も新鮮なうちに”食べられる市民の方々にもっと市内農産物を食べてもらいたい、そして市内生産者を応援してもらいたい、そんな想いから千葉市では“千葉市の食材を千葉市で食べてもらう”ことを推進する「つくたべプロジェクト」を実施しています。その取り組みのひとつに、市内の飲食店と生産者の連携を支援し、市民の方々に市内飲食店で出された地場食材を楽しんでもらうことを目的にした千葉市地産地消推進店(略称 つくたべ推進店)登録制度があります。現在では、飲食店、生産者、そして卸業者の皆さんの協力もあり、つくたべ推進店には、飲食店25店舗、農産物直売所6店舗、食品製造販売7店舗、小売店6店舗、卸売3事業者、が登録されています。
 
市内でイチゴやトマトを生産する「さわの森農園」
【これからの“つくたべ”~新たなサービス~】
この「千葉市つくたべ」の推進力になると考え、昨年から連携して運行準備に取り組んできたのが、やさいバス株式会社(以下、「やさいバス」)です。やさいバスは、生産者と小売店や飲食店を結ぶプラットフォームで、定められたバス停(農業者の共同の集荷場所等)を巡回する専用のバスが、生産者から農産物を集荷し、バス停となっている小売店や飲食店等にそのまま配送する事業を展開しています。その日の午前中に生産者から出荷された新鮮な野菜が、その日のうちに購入者に届くうえ、共同配送であるため、小ロットしか出荷できない生産者、購入できない飲食店等も参加できます。「千葉市つくたべ」と非常に親和性の高いサービスで、参画者及び取扱高の増加が期待されます。
「カスミ
やさいバスがECプラットフォームとして、アピールする最大の特徴は、展開する地域ごとに、そこでの課題や参加者の属性に合わせ、カスタマイズして展開しているところです。やさいバスのプラットフォームを利用して、地域のプレーヤー(生産者、配送会社、小売店飲食店)が協力し合って作り上げる物流の仕組みとなっています。千葉県では、館山に拠点を置く株式会社ベジタスグループ(代表取締役 安西理栄)が運営を担っており、南房総と千葉市の2カ所で稼働しています。需要に応じて千葉市ルートは千葉市外に延長される可能性もあり、南房総のルートと千葉市のルートをつなげる構想もあります。

 
やさいバスで集荷された新鮮な野菜
東京都心に近く政令指定都市でもある千葉“市”産の農産物というと意外な印象を受けるかもしれませんが、こだわりを持ち丁寧な生産を行っている生産者が市内にはたくさんいます。その農産物を購入できるお店、農産物を使った料理が食べられる飲食店、そして生産者の情報は以下の「つくたべサイト」に掲載されています。
https://www.chibacity-tsukutabe.com/

5月以降は、夏野菜や果物の生産が本格的に開始され、旬を迎える農産物もやさいバスで配送される予定です。5月中旬頃より“さやいんげん”や“そらまめ”が旬を迎え、6月からは“トウモロコシ”や“レンコン”、さらには“スイカ”も最盛期を迎えます。新鮮、且つ旬を感じられる野菜と果物をたくさん味わえることも、千葉市の大きな魅力となっています。

今後もさらに地産地消を盛り上げる様々な取り組みを企画している千葉市に、注目です。

【関連するウェブサイトのご案内】
「つくたべ公式サイト」
https://www.chibacity-tsukutabe.com/

「やさいバス株式会社公式サイト」
https://vegibus.com/

「千葉市の公式ウェブサイト」
https://www.city.chiba.jp/keizainosei/nosei/nosei/tsukutabesuisintenseido.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供