アスクルおよびアスクルロジスト、千葉市と「災害時の物資の調達及び輸送に係る協力に関する協定」締結

  • LINEで送る

アスクル株式会社
 アスクル株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:吉岡 晃、以下「アスクル」)およびアスクルの物流子会社ASKUL LOGIST株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:天沼 英雄、以下「アスクルロジスト」)は本日4月26日、千葉市との間で、「災害時の物資の調達及び輸送に係る協力に関する協定」を締結しました。

 本協定は、埼玉県日高市、大阪府吹田市、福岡県福岡市、東京都に続きアスクルが締結する5件目の災害時協定となります。地震等による大規模災害が発生した際、または発生するおそれがある場合、千葉市の要請に応じ、必要物資の調達や物資輸送などについて支援協力するものです。
 アスクルは今後も、グループ全体の配送網を活用し、地域への貢献を進めてまいります。

■締結の背景
 千葉市では大規模災害時における避難者等へ救援物資の供給体制を強化する必要がある一方、アスクルは物流拠点に日用品や食糧などの生活必需品を潤沢に在庫し、またグループ会社を通じて大量の商品を効率的かつ迅速に提供することができる輸配送機能を有していることから、このたびの締結に至りました。災害発生時においては千葉市の要請に応じ、避難所等向けの支援物資や物流機能を提供することで、地域の皆様のライフラインの役割を果たしてまいります。

 アスクルは、2020年12月に発表したマテリアリティ(重要課題)のひとつとして「ライフラインとしての責任の全う」を掲げています。これからも当社グループの物流・配送拠点の自治体への支援を積極的に進め、ライフラインとしての責務を果たしてまいります。

■協定概要

 

<関連プレスリリース>
●2018年1月15日:アスクル、日高市と「災害時の食糧等の提供に関する協定」を締結
 https://pdf.irpocket.com/C0032/u3wX/ShoX/nt97.pdf
●2018年1月19日:アスクル、「ASKUL Value Center 関西」開所式・吹田市と災害時協定調印式を実施
 https://pdf.irpocket.com/C0032/u3wX/M71t/ZVgU.pdf
●2019年5月30日:福岡市と「災害時における物資供給に関する協定」を締結
 https://pdf.irpocket.com/C0032/sdmK/vtE7/LplP.pdf
●2021年3月31日:東京都と「災害時における物資の調達・輸送等に関する協定」を締結
 https://pdf.irpocket.com/C0032/HRxf/uVLg/GrX3.pdf

※掲載の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供