令和3年度「千葉県不妊・不育オンライン相談」を受託

  • LINEで送る

特定非営利活動法人Fine
不妊治療患者をはじめ不妊・不育で悩む人をサポートするセルフサポートグループ「NPO 法人 Fine (ファイン、以下「当法人」)」は、令和2年度に続き、令和3年度 『千葉県不妊・不育オンライン相談事業(*2) 』を受託し、オンラインツール(Zoom)を使用した電話相談(音声通話)と面接相談(ビデオ通話)を担当しています。

 
◆妊活・不妊当事者の心に寄り添うサポートを
 千葉県では、コロナ禍でも継続して不妊・不育当事者の精神的ケアをするため、従来の『千葉県不妊・不育相談』をオンラインに切り替え、令和2年10月から『千葉県不妊・不育オンライン相談』を実施しています。当法人は、2004年から実施しているピア・カウンセリング (*3)の活動実績が評価され、『千葉県不妊・不育オンライン相談』を開始当初から受託しています。このオンライン相談では、千葉県にお住まいで、不妊治療や不育症治療に向き合っている人、これから妊活を始めようと考えている人、誰にも相談できずひとりで悩んでいる人などのお話をFine公認ピア・カウンセラー(*1)がお聴きします。

 不妊の悩みは、親しい間柄であってもなかなか周囲に打ち明けづらく、当事者はひとりで悩みを抱え込んでしまいがちです。Fine公認ピア・カウンセラーは、自身も不妊を体験しているため、そうした日ごろ話せない当事者の気持ちに寄り添ったケアができることが特長です。当法人のピア・カウンセリングを受けた方からは「思ったよりもモヤモヤの根が深かったことに気づきました」「かなり胸のつかえが取れた感じですっきりしました」などの声が寄せられております。

 Fine公認ピア・カウンセラーは、自身も不妊を体験し、不妊の心理とカウンセリングの知識と技術を学ぶ当法人主催「不妊ピア・カウンセラー養成講座(*1)」を修了し、認定試験に合格しています。認定者は全国に145人(2021年3月現在)おり、通話相談、面接カウンセリング、おしゃべり会のファシリテーターなどで、同じ心の痛みがわかる経験者(当事者)として相談者の気持ちに寄り添った活動を行なっています。

(*1) Fine公認ピア・カウンセラー、不妊ピア・カウンセラー養成講座(https://j-fine.jp/e-pia/index.html
(*2) 千葉県不妊・不育オンライン相談事業(https://www.pref.chiba.lg.jp/jika/soudan/funin.html
(*3) ピア・カウンセリング(https://counseling.fine-peer.com/

プレスリリースPDF:https://prtimes.jp/a/?f=d76314-20210423-3471.pdf

◆令和3年度『千葉県不妊・不育オンライン相談』の概要

主催:千葉県不妊・不育専門相談センター
実施期間:2021年4月~2022年3月(予定)
相談対象者:千葉県在住の方で、妊活や不妊、不育に悩んでいる方
お申込み、相談方法https://www.pref.chiba.lg.jp/jika/soudan/funin.html
相談員:Fine公認ピア・カウンセラー 各日2名
相談費用:無料
相談のお問い合わせ:chiba@fine-peer.com(千葉県不妊・不育オンライン相談事業)

 

◆千葉県相談事業以外のFine公認ピア・カウンセラーの活動紹介(抜粋)
https://counseling.fine-peer.com/

◎自治体からの要請
おしゃべり会(東京都中野区)、交流会・相談会(大阪府堺市)等を担当

◎妊活・不妊おしゃべり会 ~日ごろ言えない思い、いっしょに話してみませんか? ~
毎月第2、第4日曜日 10時~11時30分(予定)にオンライン(Zoom)開催/お話のテーマを設定したおしゃべり会/参加費無料

◎オンライン面接カウンセリング(お一人 45分/カップル 60分)
Zoomを利用してビデオをONにした状態で行なうカウンセリング
 *お一人 :カウンセリング費用:3,000円(正会員)/3,800円(非会員)、月数回実施
 *カップル:カウンセリング費用:4,000円(正会員)/5,000円(非会員)、月数回実施

◎通話相談
Zoomを利用して音声のみ(ビデオOFFで顔出し無し)で行なう、40分の無料通話相談/月2~3回実施

◎Fineトパーズ
テーマを決めて、グループで行なうZoomを利用したカウンセリング/参加料:1,000円、不定期開催

◎Fineマナティー・クラブ
不妊体験後の妊娠・出産・育児をサポートするZoomを利用したグループカウンセリング/参加料:1,000円、不定期開催
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

情報提供