【事例紹介】サーファーの聖地・一宮町(南房総)で、次から次と現れる50面の屋外広告看板が出現。マリンスポーツ愛好家向けの「ブランディング」と「販売促進」に最適なプロモーション事例とは?

  • LINEで送る

株式会社アップスター
SNSと屋外広告・イベントスペースの併用で、サーファーオーダーウェットスーツの注文が好調!

 
 株式会社アップスター (代表取締役:石井宜尚)は、T2020サーフィン競技会場に選ばれた九十九里浜の南端・千葉県一宮町釣ヶ崎海岸のサーフィンビーチ付近に、全50面の屋外広告看板(通称:『屋外広告看板50面ジャック』)と約300坪の『海辺の貸切・屋外イベントスペース』を設置。マリンスポーツ愛好家や海のレジャーファン向けに訴求したブランディングとセールスプロモーションをスタートしました。

 2021年3月からは、ウェットスーツのオーダーメーカーである株式会社MELLOW STYLE(代表取締役:篠原竜二)とウェットスーツの生地を開発販売する瀧定名古屋株式会社(代表取締役:瀧健太郎)が共同で本サービスを活用。SNSと併用したプロモーションが、大きな効果を挙げています。

本リリースでは、当社がプロデュースする『屋外広告看板50面ジャック』と『海辺の貸切・屋外イベントスペース』における実施事例第1弾を詳しくご紹介します。

「屋外広告50面ジャック」と「海辺の貸切・屋外イベントスペース」のサービス概要

<屋外広告50面ジャック>

 

情報提供