ボビー・オロゴン被告に罰金求刑 妻への暴行罪、さいたま地裁

 さいたま市の自宅で妻の顔を指で突いたとして暴行罪に問われたタレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)被告(55)の公判が22日、さいたま地裁(一場修子裁判官)で開かれ、検察側が罰金10万円を求刑して結審した。判決は5月13日。

 検察側は論告で「ボコボコにする」と脅迫し、暴行としては悪質だと指摘。弁護側は最終弁論で「夫婦げんかの一環」と述べ、寛大な判決を求めた。

 起訴状によると、昨年5月16日、さいたま市浦和区の当時の自宅で妻の左頬を右手の指で突く暴行を加えたとしている。妻が110番し、埼玉県警が現行犯逮捕。送検後に釈放され、暴行罪で在宅起訴された。


  • LINEで送る