具志川商4―8福岡大大濠 福岡大大濠が接戦制す

具志川商―福岡大大濠 11回表福岡大大濠無死、松尾が左越えに決勝の本塁打を放つ=甲子園

 福岡大大濠が接戦を制した。4―4で迎えた延長十一回に、松尾のソロ本塁打で勝ち越し。さらに友納の適時打などで3点を加えた。先発の毛利は粘り強く投げ、十回途中まで4失点。8三振を奪った。

 具志川商は1点を追う六回に押し出し四球で追い付いた。三回から2番手で登板した新川が要所を締める投球をしていたが、力尽きた。


  • LINEで送る