東電社長が刈羽村長に謝罪 原発の核防護不備で

品田宏夫村長と面会し、謝罪する東京電力の小早川智明社長(手前)ら=26日午前、新潟県刈羽村

 東京電力の小早川智明社長は26日、柏崎刈羽原発が立地する新潟県刈羽村で品田宏夫村長と面会し、テロなどを防ぐ核物質防護設備の不備など一連の問題に関し「地元の皆さまに大変な不安を与えてしまったことを心からおわびする」と謝罪した。品田氏は「真摯に反省し、対応することが皆さんに課せられた最大の使命」と述べ、規制当局とともに、再発防止を徹底するよう求めた。

 規制委や東電によると、柏崎刈羽原発では2020年3月以降、計15カ所で核物質防護設備が故障。今年1月には、同僚のIDカードを使った社員の中央制御室への不正入室も発覚した。


  • LINEで送る