NIE実践校に554校 日本新聞協会、千葉は19校

  • LINEで送る

 日本新聞協会は11日、教育現場で新聞を活用する「NIE」(教育に新聞を)の2012年度実践指定校に全都道府県の554校を決定した。うち先進的な取り組みをしている学校などの「奨励枠」として20都道府県の51校を認定した。

 実践校の内訳は小学校228校、中学校185校、高校96校、小中併設校2校、小中一貫校8校、中高一貫校28校、特別支援学校5校、高専2校。このうち新たに活動に取り組むのは250校。

 指定は原則2年間(奨励枠は1年間)で、授業などで新聞を活用してもらうため、一定期間の購読料を協会と各新聞社が補助する。

 これとは別に、14道府県のNIE推進協議会が独自認定校として67校を決めた。

 今年のNIE全国大会は30、31の両日、福井市で開かれる。

 千葉県は19校(6小学校、9中学校、4高校)。

 【小学校】千葉市立都▽匝瑳市立椿海▽勝浦市立豊浜▽流山市立流山北▽富津市立飯野▽浦安市立舞浜=以上継続

 【中学校】千葉市立千草台▽松戸市立根木内▽成田市立久住▽南房総市立富浦▽白子町立白子=以上新規▽館山市立第三▽野田市立二川▽東金市立東金▽習志野市立第四=以上継続

 【高校】県立船橋啓明=新規▽県立千葉▽県立検見川▽県立佐倉南=以上継続