熱血先生、ロンドン走る 県立千葉盲学校<下> 高等部保健理療科1年 関伸明

  • LINEで送る

 岡村正広先生はマラソン選手です。来年のパラリンピックで、フルマラソンの選手として、ロンドンの街を走る予定です。先生は静岡県御前崎市の出身。中学生で陸上を始め、中長距離走の選手として練習を重ねたそうです。大学卒業後から、さまざまなマラソン大会に出場し、1998年の福岡国際マラソンでは、自己最高の2時間20分40秒を記録しています。

 先生は大学卒業後、最高裁判所書記官研修所や静岡地方裁判所で書記官を務めました。その間、徐々に目の調子が悪くなり、退職後に浜松盲学校(現・静岡県立浜松視覚特別支援学校)の理療科で学び、筑波大学理療科教員養成施設を卒業後に本校へ赴任しました。

 岡村先生は「熱血先生」。人気ドラマ『熱中時代』の水谷豊さんとその姿が重なります。授業では、鍼灸(しんきゅう)・按摩(あんま)や、解剖学・衛生学など理療科の各科目を担当しています。先生はとても楽しく分かりやすく教えてくれます。

 先生は、一般のマラソン大会の他にも視覚障害者の大会・部門にも数多く参加しています。北京パラリンピックでは伴走を務め、昨年ニュージーランドで開催された世界選手権では視覚障害者部門で銅メダルに輝きました。

 「ロンドンでは銅以上を取りたいですね」と抱負を語る岡村先生。2012年の夏には先生が日本に金メダルをもたらしてくれると、私は信じています。