メディア・リテラシー育成 県立松戸国際高(松戸)

  • LINEで送る

 本校は今年度から初めてNIEの指定を受け、国際教養科を中心に「国際関係」(2単位)の中で新聞を活用した授業を行っています。授業内容としては(1)特定の日の新聞を数紙集め、社説を中心にグループで比較検討させる(2)国際記事を中心とした新聞の作成と発表です。また、その際にはグループ数の新聞が必要になるので、場合によっては8紙を30部、一挙に配付しました。授業の目的は複数の新聞を読み比べる事で多数のメディアが形成する情報に対しての真贋や根拠、社会的背景などを批判的に読み取ることができる能力(メディア・リテラシー)の育成を目指しています。そして、新聞作成の評価は生徒による相互評価と自己評価に教員評価を加えています。また、生徒の振り返りシートからは、新聞に対して、親和的になったとする意見が多く見受けられます。今後も、国際社会に貢献できる人材をNIEを通して育成したいと考えています。