阿部監督「野球の神様が怒った」 バント失敗響き、サヨナラ負け

11回、中日・細川(55)にサヨナラ本塁打を浴び、静まりかえる巨人ベンチ=バンテリンドーム

 巨人は2日の中日戦で度重なるバント失敗などの拙攻が響き、今季初のサヨナラ負けを喫した。延長十一回に本塁打を打たれて2試合連続黒星となった5番手の中川について、阿部監督は「責められない。あれ(バント失敗)が全て。野球の神様が怒ったな、最後」と悔しさをこらえながら話した。

 3―3の十回1死一塁で途中出場の佐々木がスリーバント失敗。十一回無死一塁では大城卓が、初球をバントの構えで見逃しのストライクとなり、結局、打撃に切り替えて三振。大城卓は四回にもバントを失敗していて、阿部監督は「本人が一番、悔しいだろうから。明日の行動をおれは観察する」と奮起に期待した。


  • LINEで送る