オプジーボ、血液で効き目を予測 がん患者治療、効率的に

がん治療薬「オプジーボ」(小野薬品工業提供)

 がん治療薬「オプジーボ」の効き目について、患者の血液を調べることで高精度な予測に成功したと近畿大や京都大などの研究グループが1日、米科学誌に発表した。オプジーボは免疫細胞の働きを高めがんを攻撃させる薬だが、オプジーボの効果があるのは患者の半分程度とされる。治療方針を早期に見極めることで、患者の負担軽減や医療費の削減につながると期待される。

 オプジーボは2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑京都大特別教授らのチームが発見したタンパク質「PD1」を基に開発され、がん治療に使われている。グループによると、腫瘍組織から効果を判断する方法もあったが、精度は不十分だった。


  • LINEで送る