ガザ、4日までに休戦困難 米大統領、交渉複雑化も

バイデン米大統領(ゲッティ=共同)

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は2月29日、イスラエル軍とイスラム組織ハマスの休戦や人質解放の交渉を巡り、当初期待していた3月4日までに実現するのは難しいとの見方を示した。交渉の妥結自体には「期待している」と語った。ホワイトハウスで記者団の質問に答えた。

 パレスチナ自治区ガザ北部では2月29日、イスラエル軍の攻撃によって支援物資の到着を待つ住民ら100人以上が死亡した。バイデン氏は、休戦交渉が複雑になるだろうと述べた。

 これに先立ち、バイデン氏はカタールのタミム首長、エジプトのシシ大統領とそれぞれ電話会談した。


  • LINEで送る