首相謝罪「国民に疑念」 パーティー在任中開かず

衆院政治倫理審査会の冒頭、自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件について謝罪する岸田首相=29日午後(代表撮影)

 自民党派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け、岸田文雄首相は29日、衆院政治倫理審査会に出席し「国民の大きな疑念を招き、政治不信を引き起こした」と謝罪した。安倍派が2022年に資金還流をいったんやめると決めながら復活させた過程については明確に説明できず、派閥裏金の実態に関する新たな証言が出ることはなかった。首相自身の政治資金パーティーはやめるべきだと立憲民主党の野田佳彦元首相から迫られ、在任中は開催しないと述べた。

 政倫審には首相と二階派の武田良太事務総長が出席した。現職首相が出るのは初めて。

 首相は冒頭「党総裁として自ら説明責任を果たす」と表明した。安倍派、二階派のパーティー券販売ノルマ超過分の資金還流に関し、党の聞き取り調査では「議員個人が受領した例や、政治活動以外への使用、違法な使途は把握されていない」と説明した。

 安倍派の還流復活について問われたが「はっきりした経緯や日時などは確認できていない」と述べるにとどめた。


  • LINEで送る