3月の食品値上げ、728品目 8割減、原材料価格が安定

月別の食品値上げ品目数

 帝国データバンクは29日、3月の食品値上げ数は前年同月比で79・2%減の728品目になるとの調査結果を発表した。3カ月連続のマイナスで、値上げラッシュが続いた前年を下回るペースが続いている。原材料価格が比較的安定しているのが背景。

 分野別ではレトルト食品や冷凍食品などの「加工食品」が407品目と最多。チョコレートなどの「菓子」が147品目、「酒類」が73品目と続いた。

 6月までの予定を含めた今年の値上げ数は5911品目となった。5千品目に到達することが判明したのは前年より3カ月遅い。

 先行きに関しては、最近の香辛料や大豆などの価格上昇傾向が注目される。


  • LINEで送る