不適切指導訴え自殺未遂、滋賀 守山市の当時中学生

 滋賀県守山市の中学校に在籍していた元生徒が、いじめがあったと誤認した教員から不適切な指導を受けたと訴え、自殺未遂をしていたことが29日、市教育委員会への取材で分かった。元生徒は教員から「最低な人間」と言われたとしているが、教員は発言を否定。元生徒と保護者は、学校側の謝罪を受け入れていない。

 市教委によると、元生徒は、2019年7月に別の生徒をいじめたと男性教員2人から指導を受け、その際に「おまえみたいな人間を最低な人間って言うんやぞ」などと言われたと訴えている。

 元生徒は21年2月にうつ病と解離性健忘と診断。その後、自殺未遂をしたという。


  • LINEで送る