ハンセン病回復者の半生 映画「かづゑ的」試写会

国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で行われた特別試写会に登壇した、宮崎かづゑさん(右)と熊谷博子監督=26日午後、岡山県瀬戸内市

 岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で26日、入所するハンセン病回復者の宮崎かづゑさん(96)の半生を描いたドキュメンタリー映画「かづゑ的」(熊谷博子監督)の特別試写会が開かれた。上映後、登壇した宮崎さんが「弱い足と体で砂漠を歩き、長い人生を切り抜けてきた。飾らない日常を伝えたい」と語った。映画は3月2日から全国で順次公開される。

 宮崎さんはハンセン病にかかり、10歳で入所した。病気の影響で手の指や足を切断し、視力もほとんどない。園では、78歳でパソコンの使い方を覚え、80歳を過ぎてエッセー「長い道」「私は一本の木」を出版した。


  • LINEで送る