インフル患者数、1カ月半ぶり減 B型最多、前週比0・86倍

インフルエンザウイルスの電子顕微鏡写真(米疾病対策センター提供)

 厚生労働省は26日、全国約5千の定点医療機関から12〜18日に報告されたインフルエンザの新規患者数は10万1832人で、1機関当たり20・64人だったと発表した。前週比0・86倍で、1月初旬以来約1カ月半ぶりに減少した。

 国立感染症研究所によると、1週間に全国の医療機関を受診した推計患者数は約63万3千人。直近5週間で検出されたウイルスはB型が最多で42%だった。

 1機関当たりの患者数は39都府県で減った。多かったのは福岡37・07人、大分30・47人、熊本29・91人など。少なかったのは秋田5・45人、島根6・47人、鳥取9・48人。


  • LINEで送る