フン・セン氏、独裁色強化へ カンボジア上院選、25日投開票

23日、カンボジアの首都プノンペンに集まった与党支持者ら(共同)

 【プノンペン共同】25日に投開票されるカンボジア上院選の選挙運動は23日、最終日を迎えた。政権与党カンボジア人民党の勝利が決定的で、昨年夏に首相職を長男に引き継いだフン・セン党首が国王不在時に国家元首代行を務める上院議長に就任、独裁的な権力基盤を強化する構えだ。

 人民党は圧勝に向け街頭で支持を訴えた。首都プノンペンでの集会では、党最高幹部で前副首相兼外相のプラク・ソコン氏が、国が発展を続けているのはフン・セン氏の政治的手腕が大きいと主張。都市部を中心に集会を開いた野党は議席確保を目指す。

 人民党は近年、野党弾圧を強め、上下両院の議席をほぼ独占している。


  • LINEで送る