日仏、ウクライナ支援継続を確認 両国外相、ブラジルで会談

フランスのセジュルネ外相(左)と握手する上川外相=21日、ブラジル・リオデジャネイロ(共同)

 【リオデジャネイロ共同】20カ国・地域(G20)外相会合出席のためブラジル・リオデジャネイロを訪問中の上川陽子外相は21日午前(日本時間同日夜)、フランスのセジュルネ外相と会談した。19日に東京で開催した「日ウクライナ経済復興推進会議」の成果を踏まえ、ウクライナへの支援継続を確認した。

 上川氏は「欧州とインド太平洋の安全保障を分けて議論することはできない」と指摘。2027年までの両国の幅広い協力目標を定めたロードマップに基づき、2国間の連携深化に意欲を示した。

 セジュルネ氏は「日本は欧州にとって鍵となるパートナーだ。ウクライナ支援でも同じ立場を共有している」と強調した。


  • LINEで送る