政倫審に安倍派幹部ら5人 自民、28日にも開催調整

自民党政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院の政治倫理審査会に関し、会談に臨む自民党の浜田国対委員長(中央左)と立憲民主党の安住国対委員長(同右)ら=21日午前、国会

 自民党は21日、派閥の政治資金パーティー裏金事件を受けた衆院政治倫理審査会を巡り、安倍派座長や事務総長を務めた塩谷立、松野博一、西村康稔、高木毅の各氏、二階派の武田良太事務総長の計5人が出席する意向だと野党側に伝えた。自民は28日にも開催する方向で調整に入った。野党は還流を受けた塩谷氏らを含む全衆院議員51人の出欠意向の確認などができれば応じる構えだ。2024年度予算案の年度内成立が確実となる3月2日までの衆院通過をにらみ攻防を続けた。

 自民の浜田靖一国対委員長は、立憲民主党の安住淳国対委員長と国会内で会談し、新たに安倍派「5人組」の松野、西村、高木3氏の出席意向を伝達した。前日の塩谷、武田両氏の出席意向について「話にならない」としていた安住氏も「前進だ」と一定評価した。ただ「51人の出席の意思を確認して返事をしてほしい」と求めた。

 このため自民執行部は51人全員に出席意向の確認に向け党内調整を進めた。併せて出席意向を伝えている5人は22日にも政倫審開催の申立書を提出する予定だ。


  • LINEで送る