戦闘機議論は「月内結論」 自公、第三国輸出で初協議

次期戦闘機を含めた防衛装備品の第三国輸出を巡る協議に臨む、自民党の渡海政調会長(右)と公明党の高木政調会長=21日午後、国会

 自民党の渡海紀三朗、公明党の高木陽介両政調会長は21日、次期戦闘機を含め国際共同開発する防衛装備品の第三国輸出を巡り初めて協議し、今月中の結論を目指す方針で一致した。高木氏は、2022年に戦闘機の共同開発を決めた際に輸出が前提ではなかったとして、必要な理由と安全保障への影響について説明を求めた。公明は武器輸出拡大の歯止めが必要との立場で、月内にまとまるかどうかは不透明だ。

 政府は英国、イタリアと共同開発する次期戦闘機の3カ国協議が3月以降に本格化するとして、与党に月内の結論を要請している。

 この日の協議は国会内で開催され、政府側は第三国輸出を巡る議論の経緯などを説明した。


  • LINEで送る