1月の訪日客、268万人 能登半島地震の影響「限定的」

東京・銀座で買い物袋を手に歩く外国人ら=1月

 政府観光局は21日、1月に日本を訪れた外国人客は268万8100人だったと発表した。新型コロナウイルス禍前の2019年1月と同水準だった。能登半島地震の影響について、担当者は「客数全体への影響は限定的」との見方を示した。23年1月からは79・5%増えた。円安などを背景に、訪日客の回復基調が続いている。

 観光局によると、能登半島地震を受けたキャンセルは韓国や中国からの訪日旅行の一部で発生した。

 訪日客数を主な国・地域別に見ると、韓国が85万7千人で最も多かった。台湾が49万2300人、中国が41万5900人、香港が18万6300人と続いた。


  • LINEで送る