お台場で自動運転送迎サービス トヨタ、「レベル2」で7月開始

自動運転のレベル

 トヨタ自動車は11日、7月から東京・お台場で自動運転車両を使った送迎サービスを始めると明らかにした。運転操作の一部をシステムが担う「レベル2」を想定する。当初は実証実験の形とし、特定条件下で運転手が不要となる「レベル4」の実現が可能かどうかなど、事業化に向けた検証を行うとみられる。

 サービスは、トヨタとソフトバンクなどが共同で出資する「モネ・テクノロジーズ」(東京)と手がける。トヨタのミニバン「シエナ」をベースとした車両を用いる予定で、運行ルートはトヨタグループがお台場に新設するアリーナ周辺となる見込み。既に関係省庁や自治体と調整を進めている。


  • LINEで送る