HHCH近く包括指定へ 大麻グミ類似成分を禁止

武見厚労相

 大麻に似た成分を含むグミを食べた人の健康被害が相次いだ問題で、武見敬三厚生労働相は1日、製品から検出された合成化合物HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)について、医薬品医療機器法に基づき類似成分をまとめて指定薬物にする包括指定を年明けにも実施し、所持や流通を禁止する方針を示した。

 HHCH自体は既に指定薬物として2日から禁止されることが決まった。武見氏は「類似化合物の出現傾向など、必要な科学的知見の収集を進めている」と述べた。

 全国の販売店などへの立ち入り検査状況に関しては、43施設で大麻類似成分を含む疑いのある製品が確認され、販売停止などを命じたと明らかにした。


  • LINEで送る