年の瀬告げるまねき上げ 京都・南座、吉例顔見世

「吉例顔見世興行」を前に「まねき上げ」が行われ、京都・南座に掲げられた看板=26日午前

 古都に年の瀬を告げる恒例の歌舞伎公演「吉例顔見世興行」を控え、京都市東山区の南座で26日、出演する俳優の名前を墨書した看板を劇場正面に掲げる「まねき上げ」が行われた。

 襲名披露公演となる市川團十郎白猿さんの看板を持ち上げ設置する様子が報道公開された。看板は長さ約1・8m、幅約30cmのヒノキ板。太く丸みを帯びた勘亭流という書体で「隙間がないほど大入りになるように」との願いを込め板いっぱいに書かれている。「市川團十郎」の看板が掲げられると、沿道に集まった人から拍手が起こった。

 團十郎さんは「多くの俳優が出演する大変華やかな興行。ぜひ南座で襲名披露をご覧いただきたい」とあいさつした。

 これに先立ち、團十郎さんと、出演する長男の八代目市川新之助君、長女の四代目市川ぼたんさんの3人は南座近くの八坂神社を訪れ、公演の成功を祈願した。

 公演は12月1〜24日で、7、13、18日は休演。


  • LINEで送る