南極観測隊、しらせに乗船 30日に豪フリマントル出港

「しらせ」に乗船し、斎藤一城艦長(左)に出迎えられる橋田元隊長(中央)=25日、オーストラリア・フリマントル(南極観測隊同行記者撮影)

 【フリマントル(オーストラリア西部)】第65次南極地域観測隊(橋田元隊長)は25日、オーストラリア・フリマントルに到着し、同日入港した観測船「しらせ」(斎藤一城艦長)に乗船した。今後、物資の補給や観測準備を行い、30日に南極へ向けて出港する。

 観測隊は24日夜に空路で日本を出発し、シドニー経由で移動した。25日午後に第1陣が到着。順次、船に乗り込んだ。斎藤艦長から出迎えを受けた橋田隊長は「各隊員ができる限りのことをやりたいと思っている。南極では何が起きるか分からないが、これまでの準備を踏まえてしっかり対応したい」と抱負を語った。


  • LINEで送る