大麻グミ、指定薬物了承 厚労省部会、流通禁止へ

 大麻類似の成分を含むグミを食べた人が体調を崩し相次いで搬送された問題で、厚生労働省の指定薬物部会は21日、都内のグミ販売店で見つかった製品から検出された合成化合物HHCH(ヘキサヒドロカンナビヘキソール)を指定薬物に指定することを了承した。22日に指定薬物に追加し、12月2日から所持や使用、流通が禁止される見通し。

 厚労省は、HHCHに似た別の成分が新たに流通する可能性があるとして、類似の構造をまとめて禁止する「包括指定」も検討している。

 HHCHは、大麻由来の違法成分で幻覚や意識障害を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)と構造が似ているが、規制対象ではなかった。


  • LINEで送る