洗車機の水、電車内に浸入か 東武線の液体、事件性なし

 千葉県警は1日、東武野田線の普通電車の床で6月24日朝に見つかった液体は、洗車機の水が車両内に入り込んだものとみられると明らかにした。県警は威力業務妨害の可能性もあるとみて調べていたが、事件性はなかったと結論付けた。

 県警と東武鉄道によると、6月24日午前6時15分ごろ、野田市を走行中の東武野田線柏発大宮行き普通電車(6両編成)の乗客から「液体のようなものがまかれた」と119番があった。

 県警の調べでは、この電車は車庫から出た後に洗車機に入っていた。同じ車両を使った実験の結果、ドア部分から洗車機の水が浸入した可能性が高いことが分かった。


  • LINEで送る