核禁止条約拡大へ「確かな一歩」 会議参加で長崎市長

記者会見で、出席した核兵器禁止条約の第1回締約国会議について報告する長崎市の田上富久市長=29日午前、長崎市

 長崎市の田上富久市長は29日の定例会見で、オーストリア・ウィーンで開かれた核兵器禁止条約の第1回締約国会議などに出席したことに関し「条約を世界のルールにしていく確かな一歩。被爆地として、条約の意義を広める取り組みを強化する必要がある」と述べた。

 田上氏は会議でスピーチし、各国参加者らと面会。特に、北大西洋条約機構(NATO)加盟国で日本と同様に米国の「核の傘」の下にありながらオブザーバー参加したノルウェーの軍縮大使らとの面会について「議論に関与する重要性を直接聞き、日本政府に参加を求める上でも参考になった」と振り返った。


  • LINEで送る