野中、菊地、伊藤が決勝へ W杯ボルダリング第6戦

女子準決勝で第1課題を完登した伊藤ふたば=インスブルック(共同)

 【インスブルック共同】スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)は24日、インスブルックでボルダリング最終第6戦が行われ、女子準決勝で東京五輪銀メダルの野中生萌、19歳の菊地咲希(日新火災)、20歳の伊藤ふたば(TEAM au)の日本勢3選手が上位6人に入り、同日夜(日本時間25日未明)の決勝に進んだ。

 野中は全4課題(コース)のうち三つを完登し、4位で通過。同じく3完登の菊地が2位、2完登の伊藤は6位で突破した。


  • LINEで送る