北京五輪のコロナ対策に「自信」 医療専門家会議の座長

北京冬季五輪の新型コロナウイルス対策について、記者会見する医療専門家会議座長のマクロスキー博士=29日、北京(共同)

 【北京共同】北京冬季五輪の新型コロナウイルス対策について、医療専門家会議で座長を務めるマクロスキー博士が29日、北京のメインメディアセンターで記者会見し「よく機能している。大会は参加者にとっても、中国国民にとっても、安全に開催されると自信が持てる」と強調した。

 参加者は検査を、出発前2回と北京の空港到着時に加え、滞在中は毎日受ける。行動範囲も、一般市民と接触しないよう、選手村や大会会場などに制限される。北京大会の感染防止策は昨夏の東京大会のルールを元にしており、マクロスキー博士は東京での対応が有効だったことも自信の根拠に挙げた。


  • LINEで送る